貯蓄

NISAって何?投資を始めるなら絶対使うべき優遇制度

 

将来に向けて資産を蓄える上で預貯金や積立保険に加えて、最近よく耳にする『投資』

投資を始めようとした時にNISAという言葉を聞いたことはないでしょうか?

よっこ
よっこ
第1回の記事でも出てきてました!

本日は、NISAって調べたけどなんか難しくて良く分からない!という方向けにNISA制度がどのようなものか説明いたします。

投資の基礎知識

NISAの説明の前に基礎知識です。

投資とは、通常、投資で得た収益(配当金・分配金や譲渡による利益)に対して20.315%の税金がかかります。

100万円収益が出ても20万円は税金で引かれるということです。

この税金に対して活躍するのがNISA制度です。

NISAって何?

NISAとは、投資に関する税の優遇制度の事です。正式には「少額投資非課税制度」といいます。NISAを利用すると投資で得た利益を一定期間の間であれば、非課税で受け取ることができます。

つまり!100万円収益が出たら100万円貰えるということです!

非課税で利益を受け取れる素晴らしい制度です。もちろん制約もあるので確認していきましょう。

NISAにも種類があるの?

NISAにも種類があります。大きく分けて3種類

1.つみたてNISA

2.一般NISA

3.ジュニアNISA

今回はつみたてNISA一般NISAを紹介します。

※ジュニアNISAとは子供に対して親が行う積み立て投資になります。今回は説明を除外します。

証券口座は複数開設できますが、NISAは1人様1つまでとなります。更にNISAの種類を変えての併用はできません。つみたてNISAと一般NISA同時に使用できないということです。

つみたてNISA

つみたてNISAは積立方式で毎月積立を行っていきます。

期間は20年まで可能で、国が定めた基準を満たした投資信託に対して制度を使えます。

年間40万円までが非課税対象の上限になります。

一般NISA

一般NISAは積立方式に加え、好きなタイミングで購入できるスポット購入が行えます。

期間は5年で、つみたてNISAに比べて短いのが特徴です。更に投資信託に加え、国内株式や米国株式も対象になります。

期間は5年と短いですが、年間120万円までと上限が多く設定されています。

結局どっちがいいの?つみたてNISAと一般NISA

私のお勧めはつみたてNISAです。

リスクを抑えて確実に利益を上げるためには、インデックス投資を長期で行う事が一番です。そして、複利の効果を最大限活かすには時間です。

投資信託でインデックス投資を行い積立を行うのであれば、迷わずつみたてNISAを選択しましょう。

年間40万円を12か月で割ると月に約3.3万の積立になります。20年続けるとどうなるかは第1回 初心者が始める投資!超簡単3STEPに記載しています。

初心者が始める投資!誰でも簡単に始められる投資3STEP投資って怖くない? 怖いですよね。私も始める前は怖いものだと思ってました。ギャンブルでしょ?とか思っていました。 しかし...

まとめ

NISA制度 内容一覧

つみたてNISA 一般NISA
対象者 日本にお住まいで口座開設する年の1月1日現在で満20歳以上の個人のお客さま
投資方法 積立方式 スポット購入・積立方式
年間投資上限額 40万円 120万円
非課税となる期間 最長20年 最長5年
対象商品 国が定めた基準を満たした投資信託 国内株式・外国株式・投資信託
非課税対象 対象商品にかかる配当金・分配金、売却益
口座開設期間 2042年開始分まで 2023年開始分まで
金融機関変更 各年ごとに変更可能

投資を始める際は、NISA制度を活用し資産形成を始めましょう!

3.3万じゃ少なすぎる!もっとイケる!という方は、NISA枠外となる為、約20%の税金を覚悟して投資しましょう。

以上、ご覧いただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です