性能比較

新型シビックタイプR(FL5)の性能はすごい!2022年国産スポーツカースペック比較!

ホンダ”新型シビックタイプR”の性能を知りたい!
新型タイプR(FL5)は、他車と比べてどれだけすごいの?

こんな疑問を解消する記事です。

2022年9月に新型シビックタイプRが発表されました。

ホンダのスポーツカーを代表する新型シビックタイプR(FL5)のスペックは、すごいのでしょうか。

他車のスポーツカーに比べて、どんな位置付けなのかを解説します。

関連記事>2022年新型シビックタイプR(FL5)登場!歴代タイプRの魅力と進化を振り返る

【比較対象モデル】
✔️本記事の著者(@yoko3_G08)

私はシビックタイプR(FK8)のベースとなっているシビックハッチバック(FK7)を所有しています。

シビックハッチバック(FK7)はスポーツカー?維持費も安くて速いおすすめのホンダ車スポーツカーってお金が掛かりそうというイメージはありませんか?シビックハッチバックを購入してから2年の経験をもとに、実際に掛かる費用を紹介します。シビックハッチバック FK7がどんな車か、分かりやすく説明しています。...

これまでに数百台のスポーツカーや高級車など、様々な車を試乗した経験を元に記事にしています。

※過去の試乗車記録はInstagramをチェック

筆者のプロフィールは、こちらをクリック

2022年 新型シビックタイプR FL5


引用元:CHALLENGE|シビック TYPE R 先行情報サイト|Honda公式サイト

シンプルなデザインで上品にまとまったシビックタイプR(FL5)

全長4595×全幅1890×全高1405mm

先代のFK8型と比較すると、全長で+35mm、全幅が+15mm、全高は-30mmとなる。ロー&ワイドなデザインとなっています。

ホイールサイズは20インチから19インチにサイズダウンしていますが、245/30R20から265/30R19とタイヤ幅が20㎜も太くなります。

海外メディアの発信している情報だと、320PSから330PSに10馬力、トルクは400Nmから420Nmに20Nmとパワーアップしました。

しかし、その反面車重は1390kgから1430kgと+40kgの増加です。

FK8 FL5
馬力[PS] 320 330 +10
トルク[Nm] 400 420 +20
車重[kg] 1390 1430 +40

2022年 国産スポーツカー比較車両

ホンダ:シビックタイプR

“タイプR”は、ホンダの最上位グレードスポーツモデルです。

タイプRはただのグレード設定ではなく、ボディ、サスペンション、エンジン、ホールなどあらゆるものが専用設計されています。

サーキットをそのまま走れる市販車と言われるほど、本格的なスポーツ車として開発されており、タイプRには赤いHのエンブレムが適用されています。

ホンダを代表するスポーツカーであり、FF最速の称号を持った車です。

トヨタ:スープラ

1990年代から2002年まで高い人気を誇ったトヨタを代表するスポーツカーです。

車好きなら高確率で見ているであろうワイルドスピードでも登場し、主人公のブライン・オコナーが愛車として乗っていたことでも有名です。

そして2019年にBMWと共同開発でスープラが復活します。

販売初期はATしかなかったものの、2022年に後追いでMT仕様が追加されました。

日産:フェアレディZ

1969年の初代S30の誕生以降、日本を代表するスポーツカーとして進化し、2022年に7代目が販売されました。

初期型のS30型のZは”悪魔のZ”でお馴染みの湾岸ミッドナイトで、主人公の愛車として登場しています。

初期型を彷彿させるような渋いデザインで2022年に蘇った車です。

スバル:WRX S4 STI

インプレッサ WRX STIが進化し、インプレッサとWRXは別々の車になって登場した。

世界に誇れるパフォーマンスを駆使し、究極のドライビングプレジャーを提供するスバルを代表するスポーツカーです。

“STI”はSUBARU TECNICA INTERNATIONAL株式会社のことで、スバルのスポーツモデルに用いられます。

STIが調律を施し、走りはもとより、外装、内装、全てにこだわり抜いて創り上げた特別なモデルになっています。

今回2022年に発表されたWRX S4にはMT仕様が無いことは少し残念です。

トヨタ:GRヤリス

トヨタが「FIA世界ラリー選手権」に出場するために、ヤリスをスポーツカーにしたのがGRヤリスです。

ベースはヤリスであるにも関わらず5Drから3Drに代わり、骨格すらも別物になっています。

ベースのヤリスからエンジンも変え、馬力は2倍を超える差がある本格スポーツモデルです。

国産スポーツカー スペック比較

①馬力比較

馬力とは

自動車では「最高出力」を表す仕事率の単位のことで、エンジンが出せる最大のエネルギー量を示します。

「出力=トルク×回転数」で求める事ができます。

簡単に言うと、車が最大限頑張った際に出力されるパワーの事です。

自転車に例えると6速までギアを重くて最大限ペダルを回したときに得られる最大限の力(仕事量)のことです。

加速が鈍くても、最後に頑張ってパワーを出す車も存在します。

馬力=パワー

FF最高馬力を持ったシビックタイプR

新型シビックタイプRは、他車と比較すると3番目に位置します。

国産FF車の中では、最高馬力で最速なシビックですがフェアレディZと比較すると75馬力も差がある結果でした。

しかし、WRX S4やGRヤリスに対しては約50馬力も高いスペックとなっています。

②トルク比較

トルクとは

「最大トルク」とは、エンジンが発生する最大の回転力を示します。

自転車に例えると、ペダルを踏み込む力の事で、1速時・2速時など最初のギアで踏み込む力が大きければ、グイグイ加速していきます。

トルクとは車の加速力のこと、スペックを見る上では重要なパラメーターになります。

最終的なパワーは弱いけど、最初の加速は良い車も存在します。

トルク=加速力

シビックタイプRのトルクはWRX同等

トルクはフェアレディZとスープラが逆転し、スープラが500Nmとなっています。

シビックタイプRとの差は、80Nmで約19%の差があります。

また馬力同様にWRX S4 STI、GRヤリスに比べ約50Nm高いスペックになっています。

③車重比較

車両重量とは

車両重量とは車体の重量に加えガソリン、エンジンオイル、冷却水、バッテリーなどを含めた重量になります。

運転できる状態の重さのことを車両重量といいます。

車両重量が軽いほど、車は速く走れます。

いくらパワーや瞬発力がある人でも重たいものは簡単に動かせません。

車も同じで、いくら優秀なエンジンでも車重が重たければ遅くなってしまいます。

シビックタイプRの車重は軽い

GRヤリスの車重が際立って軽いです。

しかし、先代のFK8に比べて40kg車重が増えたものの、他車と比較しても軽いです。

1500kgを切り、1400kg台前半で収まっているため、トルクや馬力が低くても車重分速く走ることが出来るでしょう。

④パワーウエイトレシオ比較

パワーウエイトレシオとは

1馬力あたり何kgのWtを負担することになるかを示したものです。

算出方法は簡単で、「車両重量 ÷ 出力(馬力)」で求める事ができます。

1馬力あたり負担するWTが軽いほど、車は速く走ると考えられます。

車格や駆動方式など前提が異なる為、一概にパワーウエイトレシオが小さいから早いというわけではありませんが、性能を見る上で参考になる数値です。

シビックタイプRのパワーウエイトレシオは3番目

スープラ、フェアレディZは4.0kg/PSを切る性能に位置し、さすがというべきでしょう。

しかし、シビックタイプRも負けず劣らず、4.3kg/PSとWRXやGRヤリスに比べてハイスペックな結果です。

ベース車に位置するFL1シビックハッチバックのPWRは”7.4kg/PS”です!

馬力×車重の2軸で見るとこんな感じ↓

シビックタイプRは、国産スポーツカーの真ん中に位置しており、軽くてパワーがあるということが分かります。

価格と燃費を比較

シビックタイプRは国産スポーツカーの中では安い?

シビックタイプRの価格は499万円となっています。

価格も中間に位置するものの、スープラとは230万円、フェアレディZとは146万円の価格差です。

WRXやGRヤリスも400万円代ということを考えると、シビックタイプRはスペックに対して決して高くはないと言えるでしょう。

また先代のFK8においては、購入から3年たった際に売ったとしても新車価格同等かそれ以上で買取金額が付いています。

おそらくガソリン車最後のタイプRということで、FL5のリセールバリューもとても高くなるでしょう。

シビックタイプRは燃費も良かった

シビックタイプRの燃費は12.5km/Lと2桁を超えます。

GRヤリスに続き2番目の位置づけになっており、同等スペックに近しいWRXに対しては3km/Lの差があります。

パワーウエイトレシオ(PWR)×燃費の2軸で見るとこんな感じ↓

性能も高く燃費も良い車という観点では、シビックタイプRとスープラが良い位置付けにいる事が分かります。

中古車をさがすなら”ズバット”

新車へのこだわりが無いなら中古車で探しましょう。

安く状態のいい個体も多く、新車に比べて数十万円も安く買うことが出来ます。

良い個体を探すには、中古市場に出てきたタイミングを狙う事が重要です。

良い車は直ぐに買い手が見つかってしまうので、中古車市場を日々チェックしましょう。

今はネットで簡単且つ、無料で中古車を探すことができます。

「購入を考えてみようかな?」という方もまずは探すだけでも始めてみましょう。

\中古者無料で探す/

中古車なら納期待ちもなく、すぐに納車できるのでおすすめです。

まずは気軽に探しながら、購入検討をしてみると良いでしょう。


車を売るなら「買取査定」がおすすめ

車を売るなら一括買取査定”ズバット”がおすすめ

車を乗り換える際は、今乗っている車をできるだけ高く売却し、お得に乗り換えたいですよね?

しかし、ディーラー営業マンに任せて下取りに出している方は、損をしています。

現在乗っている車を売却するならズバット車買取比較がおすすめです。

なぜなら、複数社に見積もりを依頼し、圧倒的に下取り価格よりも高い価格で買い取ってくれるからです。

仮に売却しなくても下取り交渉する上で相場を知ることが需要です。

査定したからといって、必ず売却する必要はありません。

\どんな車でも査定は無料/

一括買取査定”ズバット”はこちら

運営会社情報も記載していますが、安心できるサービスなのでおすすめです。

ズバットの運営会社情報
会社名 株式会社ウェブクルー
所在地・電話番号 〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号 サンタワーズセンタービル4F
TEL. 03-6859-3660(代表)
資本金 100,000,000円
従業員数 単体:118名 (2021年3月末現在)

車のディーラー下取りは安い!愛車を高く売るなら一括査定、カーオークションがおすすめ ディーラーの下取りは良くないの? 車を売却するならどうしたらいい? こんな疑問を解消します。 車の乗り換え時は...

まとめ

2022年大注目のホンダ新型シビックタイプRのスペックは他車と比べても高く、且つ値段もリセールバリューも良い車です。

全てにおいてバランスの取れた車といえるでしょう。

【総合評価】

国産スポーツカーをお探しの方は、今回比較した性能結果を参考に購入検討をしてみて下さい。

シビックハッチバック(FL1)は実用的で速い!2022年国産スポーツカー性能比較 ホンダの"シビックハッチバック"って早いの? 国産スポーツカーの購入を考えている! こんな方に向けた記事になっていま...
2022年新型シビックタイプR(FL5)登場!歴代タイプRの魅力と進化を振り返る ホンダの"タイプR"を詳しく知りたい! 新型シビックタイプRの情報を知りたい! こんな希望を叶えます。 この記...
ホンダの良いところ・魅力は何?ホンダの特徴や残念なポイントを解説 ホンダの魅力って何? ホンダの残念なポイントは? こんな疑問を解消します。 この記事は、車購入を考えていてホン...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です