ホンダ車 紹介

20代夫婦が楽しむ軽自動車オープンカーS660、生産終了間際の運命的な出会い

【愛車紹介】S660 オーナー ちゆさん

軽オープンスポーツカー S660

1991年から1996年のたった4年間販売していた軽オープンスポーツカーである名車”ビート”から、20年の時を超えて登場しました。

速さよりも運転する楽しさを重視したオープン2シーターのスポーツカーを目指し、タイプRみたいな本格的なスポーツカーではなく、誰にでも気軽に乗れるクルマにしたそうです。

S660の開発コンセプトは

「ゆるすぽ」

そんな魅力あふれるS660のオーナーである、26歳会社員女性の愛車を紹介します。

ホンダの軽自動車スポーツカーS660

ホンダの創立50周年を記念して行われてた、新商品提案企画でグランプリを取り開発がスタートしました。

LPL(開発責任者)は当時22歳

本来なら大学生の年齢にも関わらず、LPLとなった椋本 陵さんは高卒のエンジニアでした。

LPL(開発責任者)は、本来40後半~50代でベテランの中でも選ばれた人材が担うポジションのため、HONDAの中でも異例のだったそうです。

そんな50周年を記念し、異例の開発責任者の下で作られた特別な軽自動車スポーツカーがS660なのです。

オーナー、愛車の概要

Q.年齢はおいくつですか?

A.26歳

Q.職業はなんですか?

A.製造業:自動車部品

Q.購入日した日を教えてください。

A.購入2022年1月→納車2022年4月

Q.購入車両価格はいくらでしたか?

A.車両価格:230万円

(オプション込み総額290万円)

Q.年式は何年ですか?

2022年 最終生産モデル

Q.愛車遍歴は?

S660が初めての愛車

最終生産モデルS660の購入経緯

夫婦でオープンカーに乗りたい

夫婦の夢を叶えた車がS660です。

「いつか」という想いはあったものの、実際はもっと先の話になるだろうと思っていたそうです。

そんな中、2021年のS660生産終了を受けて、最終モデルの商談権抽選に軽い気持ちで申し込んだそうです。

限定50台の抽選、当時の当選倍率は540分の1だったそうで「絶対に当たるわけない(笑)」と思っていたと言います。

抽選発表は生配信で確認し、自分の名前が出てきた時は信じられない気持ちでいっぱいだったそうです。

予期せぬタイミングでの車の購入になり少し迷いはりましたが、夢だったオープンカー、限りなく低い確立から得た商談権を理由に購入を決意したそうです。

一生分の運を使い果たしたのではないかと感じたそうです。

初めての愛車は、540分の1の確立で得た、夫婦の夢を叶える車でした。

愛車S660との運命的な出会いを果たし、現在はカーライフを夫婦で楽しんでいます。

S660 お気に入りポイント

オープンにした時の爽快感

信号待ちで空を見上げる瞬間

広大な自然の中をオープンで走る気持ち良さ

これはオープン スポーツカーならではのお気に入りポイントだと言います。

S660をオープンにして風を感じ、自然を駆け抜ける気持ち良さは、なんとも言葉に表しきれないでしょう。

S660はリアにエンジンが搭載されているミッドシップスポーツカーです。

そのためコーナーリング性能がとても良く、持て余すことなくエンジンを使い切りアクセルを踏める楽しさがあります。

軽自動車スポーツカーならではの楽しさだと思います。

荷物がほとんど積めないため、不便な思いをすることもあるS660ですが、そこもまた好きだと思えるところだそうです。

経済的で本格的スポーツカーS660

S660は軽自動車のため税金も安く、維持がしやすいでしょう。

燃費もカタログ値で20.6 km/L、ユーザーの実燃費平均も17~18 km/Lと言われています。

スポーツカーはお金が掛かるイメージがありますが、S660は経済的な車といえるでしょう。

「維持できない?」庶民でも買える実用的で維持しやすいスポーツカー スポーツカーの維持費が知りたい スポーツカーを維持できるか不安で購入できない… こんな疑問や悩みを解消する記事で...

カスタムパーツも豊富で、愛車を自分好みにカスタムすることもできます。

荷物を運んだり、快適な移動をする車ではなく、趣味として使用したい方におすすめです。

走行性能の高さも軽自動車とは思えないほど本格的です。

S660専用の設計が施されたターボチャージャー採用し、高回転型660cc DOHCエンジンが搭載されています。

低・中速域での力強さを誇る、高回転型ターボとなっており、優れたアクセルレスポンスを実現している特別な軽自動車です。

S660の中古車を探そう

S660は新車販売が終了しているため、中古車で購入するしかありません。

2015年販売の前期型は中古車価格も落ち着いてきており、最終型や後期型は走行距離が少なく状態が良い中古車が多い存在します。

2シーターでオープンカーが欲しいという方、趣味にスポーツカーが欲しい方におすすめです。

お住いの県でなくても車は買えるので、検討地域を広げて探してみてください。

今はネットで簡単且つ、無料で中古車を探すことができます。

\中古車を無料で探す/

「いろいろな会社から電話やメールなど来るのは嫌だ!」という方、まずはGulliverで気軽に探しながら、購入検討をしてみてください。

押し売りはされません。ご安心ください。

購入を検討している方も購入は未定だが興味がある方も、日々の中古車市場をチェックしてみましょう。


まとめ

今回は、26歳の女性オーナーちゆさんのS660を紹介しました。

S660のような車は少なく、2シーターで軽自動車、更にはオープンカーです。

電動化が進むこれからの時代、今後このような車は出てこないでしょう。

今だから乗れる貴重なホンダのスポーツカーです。

ちゆさんは「移動手段」ではなく「運転を楽しみたい方」におすすめだとおっしゃっています。

540分の1の確率で出会ったS660とオーナー様の暮らしは始まったばかりです。

これからS660と家族と共に、たくさんの楽しい思い出を作っていただきたいと思います。

S660についてもっと詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。

ホンダS660は楽しい軽自動車!ミッドシップ2シーターオープンカーを紹介 HONDAのS660ってどんな車? S660は楽しい? こんな疑問を解消します。 S660は、2015年4月に...

愛車紹介モデル募集中!

ホンダ車オーナーの方にお願いです!

私の愛車も記事で紹介して欲しいという方を探しています。

詳しくは下記記事をチェック↓
ホンダ車のオーナー様へお願い!「愛車紹介」記事モデル募集!ホンダ車 オーナー様へ \愛車紹介のモデル募集しています!/ 当ブログは、車が好きな方に向けてホンダ車の紹介やスペック比較、車の...

シビックハッチバックおすすめ記事

ホンダ アコードツアラー(CW2)、アキュラ仕様がカッコいいステーションワゴン【愛車紹介】アコードツアラー CW2 オーナー 健太さん アコードツアラー 2008年12月から販売され、2013年3月...
女子ウケも良いシビックハッチバック(FK7)白ホイールが映える女性オーナーの愛車【愛車紹介】シビックハッチバック FK7 オーナー chocoさん シビックハッチバック FK7 1972年に販売が開始...

https://yoko3-life.com/fk7-owner-20/5094/

FK7からFL1へ乗り換え、新型シビックハッチバックはMT、ソニックグレー一択【愛車紹介】シビックハッチバック FL1 オーナー だーまさ さん シビックハッチバック FL1 1972(昭和47)年...

車を売るなら「買取査定」がおすすめ

車を売るなら”ズバット”がおすすめ

車を乗り換える際は、今乗っている車をできるだけ高く売却し、お得に乗り換えたいですよね?

しかし、ディーラー営業マンに任せて下取りに出している方は、損をしています。

現在乗っている車を売却するならズバット車買取比較がおすすめです。

なぜなら、複数社に見積もりを依頼し、圧倒的に下取り価格よりも高い価格で買い取ってくれるからです。

仮に売却しなくても下取り交渉する上で相場を知ることが重要です。

査定したからといって、必ず売却する必要はありません。

\どんな車でも査定は無料/

“ズバット”はこちら

運営会社情報も記載していますが、安心できるサービスなのでおすすめです。

ズバットの運営会社情報
会社名 株式会社ウェブクルー
所在地・電話番号 〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号 サンタワーズセンタービル4F
TEL. 03-6859-3660(代表)
資本金 100,000,000円
従業員数 単体:118名 (2021年3月末現在)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

社会人を楽しむ社畜生活 - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です