Car

価格高騰中?HONDA S660はこの先乗れなくなる貴重な軽スポーツカー

HONDAのS660ってどんな車?
この先価値は上がる?

こんな疑問を解消します。

S660は、2015年4月にHONDAから販売された軽自動車のスポーツカーです。

7年で2022年3月に累計38,916台を生産し終了した車です。

提供者:@Naochan_s660

突然ですが、2022年4月にHONDAはEV戦略を発表しました。

「2030年にバッテリーEVのグローバル販売年間350万台」を宣言しました。

グローバルでは2040年に100%を目指すと発表しています。

つまり、「2040年にホンダのエンジンは消えます」

こんなEV宣言がされているということは、この先軽自動車で且つ、MTのスポーツカーは開発されないでしょう。

だからこそ、今の時代にしか乗れないS660のような軽スポーツはとても貴重です。

この記事では、S660はどんな車なのかを皆さんにお伝えします。

S660に興味がある方は本記事をご覧いただき、S660の魅力について知ってください。

✔️本記事の著者(@yoko3_G08)

私はHONDAのシビックハッチバック(FK7)を所有しており、ホンダ車でカーライフを楽しんでいる会社員です。

HONDA関係の仕事をしており、ホンダの車をこよなく愛しています。

そんな私がHONDAのS660を徹底紹介いたします。

【愛車のシビックハッチバック(FK7)】

シビックハッチバック(FK7)はスポーツカー?維持費も安くて速いおすすめのホンダ車スポーツカーってお金が掛かりそうというイメージはありませんか?シビックハッチバックを購入してから2年の経験をもとに、実際に掛かる費用を紹介します。シビックハッチバック FK7がどんな車か、分かりやすく説明しています。...

※過去の試乗車記録はInstagramをチェック

筆者のプロフィールはこちらをクリック

S660はどうして生まれたのか?

50周年を記念に生まれた”ゆるすぽ”

本田技術研究所が創立50周年を記念して開催した新商品提案企画でグランプリに選らばれて開発が決定した車です。

1991年から1996年のたった4年間だけ販売していた軽自動車スポーツの名車ビートから、20年の時を超えて軽自動車のスポーツカーが登場しました。

HONDAファンには激熱な展開です。

速さよりも運転する楽しさを重視したオープン2シーターのスポーツカーを目指し、タイプRみたいな本格的なスポーツカーではなく、誰にでも気軽に乗れるクルマにしたそうです。

それが

”ゆるすぽ”

開発責任者は異例の22歳(当時)

新商品提案企画でグランプリを取った、後のLPL(開発責任者)は当時22歳です。

22歳というと大学生の年齢。高卒の椋本 陵さんはHONDAでも異例のLPL(開発責任者)だそうです。

LPL(開発責任者)は、基本的に40後半~50代でベテランの中でも社員の最前線で活躍する方々が務めるようなポジションです。

今の時代に作られた軽自動車スポーツ、その開発責任者は異例の22歳という特別な車。

それが

“S660”

S660の概要

価格は2,321,000円(αグレード)

最廉価グレード:β

6MT/CVT:2,031,700円

中間グレード:α

β+30万円

6MT/CVT:2,321,000円

上級グレード:Modulo X

β+100万円

6MT/CVT:3,042,600円

Modulo X特別仕様車〈バージョンZ〉

β+110万円

6MT:3,150,400円

引用元:Honda公式ホームページ

サイズは超小型な軽自動車


提供者:@73K_FC1

FRタイヤ中心からRRタイヤ中心のホイールベースは2285㎜です。

私の所有している普通車のシビックハッチバック(FK7)は2700㎜で、S660と415㎜の差があります。

S660:全長3395 / 全幅1475 / 全高1180

シビックハッチバック:全長4520 / 全幅1800 / 全高1435

軽自動車なので自動車税が安い

2019年10月1日以降に初回新規登録を受けたかどうかで税金は変わります。

軽自動車のS660は、税金が安く10800円です。

普通車と比べるといかに軽自動車の税金が安いかが分かりますね。

よっこ
よっこ
S660販売前の2015年より前は、7200円だったんですけどね(笑)
排気量 引下げ前の税率 引下げ後の税率 (引下げ額)
1,000cc以下 29,500円 25,000円(▲4,500円)
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 30,500円(▲4,000円)
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 36,000円(▲3,500円)
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 43,500円(▲1,500円)
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 50,000円(▲1,000円)
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 57,000円(▲1,000円)
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 65,500円(▲1,000円)
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 75,500円(▲1,000円)
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 87,000円(▲1,000円)
6,000cc超 111,000円 110,000円(▲1,000円)

S660はガソリン車最後の軽自動車スポーツ

冒頭でもお話しした通り、ホンダはEV・FCV車を中心に2040年に100%ガソリン車を無くすそうです。

EVスポーツは出てもガソリン車で、しかも軽自動車枠で開発されるスポーツカーはもう生まれないでしょう。

実際に生産終了が発表されてからS660の中古車市場の価格は高騰しました。

今では新車価格を超えている個体も多く、最上級グレードのModulo Xは400万円を超える個体も存在します。

この先、状態の良い個体は減っていくことで更に価値は上がっていくでしょう。

今の時代でしか楽しめない車で走り倒すも良し、資産価値を考えて保有するも良しです。

先代に当たるビートも新車価格は150万円ほどですが、20年たった今でも100万円を超える個体も多く、中には状態が良いものは200万円以上します。

S660もビート同様、もしかしたらそれ以上にプレミアが付く可能性もあるでしょう。


 

肝心の乗り味は、本格的なガチスポ


提供者:@73K_FC1

乗り味は本気のスポーツカー

S660は所詮軽自動車だと侮っていた私は、実際に乗って驚きました。

ちゃんとスポーツカーの走りです。

ただの乗り心地の良い軽自動車ではなく、スポーツカー良さである足の硬さがあります。

路面への設置感がよく、思いのままに車が曲がっていきます。

何より最初に感じたものは、「楽しい!」ということです。

軽自動車ということで少しパワーに物足りなさを感じる反面、踏んでも扱い切れるパワーが安心感に繋がり、操っているという楽しさを感じさせます。

更にオープンカーとして走ることもできるので、よりスポーツ走行を感じることができます。

この低価格でスポーツカーとしての楽しみ方ができるS660は”ゆるすぽ”でありながらも”ガチスポ”という印象を受けます。

操る操作性を楽しむ観点でも、購入の際はぜひMTの購入をおすすめします。

S660は、セカンドカーにおすすめ

S660の利便性は低いです。

ボンネットの中に小さな収納場所がありますが、オープンカーにした際のルーフを収納すると埋まってしまいます。

2人で乗車した場合、物を置くスペースがなく、買い物に不向きです。

居住性も決して良いわけではありません。

狭い上にシートは倒れないという状況になるので、長時間運転の疲労も考えられます。

S660は日常使いではなく、走りを楽しむ趣味車としてセカンドカーとしての購入が良いでしょう。

S660はカッコいい!実際のユーザー提供の写真集

エスロクは究極のマシン!

提供者:@S660_Modulo_X

かずひさニキ(なにょん)

提供者:@73K_FC1

なおちゃん

提供者:@Naochan_s660

S660を探すなら「ズバット」

S660は新車販売が終わっているため、中古車から探しましょう。

ネットで簡単に無料で探すことができるので相場をチェックしてみましょう。

中古車は入れ替えが激しく、いい車はすぐに買い手が見つかります。

購入を悩んでいる方も中古車市場を日々チェックしておくことが重要です。

\中古者無料で探す/

S660との良い出会いがあることを祈っています。


車を売るなら「買取査定」がおすすめ

車を高く売りたいなら”Gulliver”

車を乗り替えは、買い取りがおすすめ

ディーラー営業マンの言いなりで下取りに出している方は、損をしている可能性があります。

現在乗っている車を手離して車を購入する方は「買取査定サービス」がおすすめです。

査定したからといって必ず売却する必要はありません。

下取りよりも買取の方が、高額で引き取ってくれるため、是非ご検討ください。

無料で利用でき、自分の車の価値を把握するだけでも価値があります。

≫愛車を高額で売るならGulliverの買取査定がおすすめ

一括査定サイトは何車も比較して車を高く売れる反面、電話対応など若干の手間が発生します。

あまり手間をかけず車を高く売りたいたは”Gulliver”で買取をお願いすれば間違いありません。

愛車をディーラー下取りに出すのはNG!車は高く売ってお得に乗り換えよう車の乗り換えを検討している多く方は、今乗っている車をディーラーで下取りに出しているのではないでしょうか?実は損をしている可能性があります!「簡単買取一括査定」「中古車買取No.1」などよく聞きますが、下取りと買取は何が違うのでしょう?...

廃車寸前の車の買取なら”カーネクスト”

よっこ
よっこ
自分の車なんてお金にならないよ…。という方もご安心ください。

どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクストに依頼すれば、廃車寸前の車も買取お金にしてくれます。

車の処分にもお金がかかるため、ダメもとで買い取りに出してみることをお勧めします。


S660まとめ

いかがだったでしょうか?S660はすごく楽しい車です。

見た目もカッコよく、カスタムパーツが豊富な車です。写真映えもするのでカメラを持ってドライブに行き、愛車の写真を撮るという楽しみ方もできます。

今回紹介したユーザーの方々も素敵な写真でしたね。

この先、S660はより貴重な車になるでしょう。EV車に切り替わる最後のガソリン軽自動車スポーツカーを皆さん楽しみましょう。

2022年9月先行予約開始!ホンダ新型SUV「ZR-V」が登場!VEZELと比較しながら徹底解説 こんな疑問を解消します。 みなさんはホンダのSUVと言ったら何を思い浮かべるでしょうか? 私としては2014年の登場...
シビックハッチバック FL1・FK7新旧比較!FL1は高級感あるスポーツカー? ・2022年の新型シビックは何が変わった? ・FK7(旧型)➡︎ FL1(新型)に乗り換えを考えている こんな方...

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です