ホンダ車 紹介

初めての車購入は中古の初代ヴェゼルがおすすめ!旧型ヴェゼルの良いところは?

・初めての車に悩んでいる
・おすすめの中古車を教えて欲しい

こんな悩みを解決する記事です。

早い人は18歳で免許を取得し、車の購入を考えると思います。

運転に慣れていない最初の車は、中古車を検討する方も多いでしょう。

今回は20歳の初めて免許を取得した方に向けて、おすすめの中古車を紹介します。

私がおすすめする最初の中古車は…

初代ヴェゼル RU3

SUVの販売台ランキングでは1位を何年も獲得し、常に上位にいた初代ヴェゼルです。

なぜこの初代ヴェゼルがおすすめなのかを実際に20代前半で所有していた経験を元に解説します。

✔️本記事の著者(@yoko3_G08)

私は18歳でホンダ N-BOXを購入し、その後22歳でヴェゼルに乗り換えました。

社会人になりお金を稼ぎ、独身で遊び盛りの20代前半を有意義にしてくれた車がヴェゼルです。

趣味を楽しむ実用性、20代でお金に余裕が無くても維持しやすく良い車でした。

誰が見てもカッコいいと感じるデザインも魅力的です。

このヴェゼルを中古で購入し、実際に所有した経験を元に記事にしています。

ヴェゼルってどんな車?

2013年12月に登場したヴェゼルは3年連続SUV販売台数1位を獲得

その後新型のライバル車に首位を奪われるも2019年に1位を奪還した大人気のSUVです。

当時ライバル車も少なく、日産ジュークが同じコンパクトSUVとして存在したものの人気車とは言えない状況でした。

近年のSUVブームは、ヴェゼルの人気から始まったと言っても過言ではないでしょう。

そんな初代ヴェゼルは、コンパクトカーで室内がとても広いフィットのプラットフォームを流用してます。

その為、コンパクトSUVとは思えないほど広い室内を持った実用性ある車です。

クーペを意識して作られたインテリアは、運転する人をワクワクさせてくれます。

更に内装の質感がとても高く、高級感を感じさせてくれます。

✓全長x前幅x全高:4,330mmx1,770mmx1,605mmル
✓ホイールベース:2,610mm
✓トレッド(前/後):1,535/1,540mm
✓最低地上高(FF/4WD):185/170mm
✓車両重量:1,180-1,390kg

加速力があってパワーがある走り

ハイブリッドモデルの加速力はすさまじく、ベタ踏みちゃんねるで計測している結果は“8.16秒”

スポーツカーで有名なトヨタ86は“7.96秒”のため、スポーツカーに匹敵する速さです。

もちろん0-100km/hが車の速さの全てではありません。

しかし、エンジン+モーターの力でこれだけの速さと力強さで走れるということは、街乗りで「パワーが足りない」と不便を感じる事はまずないでしょう。

↓因みに新型の2モーターハイブリッドモデルのヴェゼルは“9.22秒”

 

ヴェゼル RU3 エンジン・モーター性能

「直噴1.5L i-VTECエンジン」と「i-DCD 7速デュアルクラッチトランスミッション」によってダイレクトな加速感を感じられます。

当時NAエンジンの2.0Lクラスと同等以上の性能と言われていました。

132馬力のエンジンに、29.5馬力のモーターを合わせたモデルです。

ダイレクトな変速で良い意味でハイブリッドらしくないスポーティーな走りが特徴です。

おしゃれな外装に高級感あるインテリア

2018年にビックマイナーチェンジで顔つきが変わったものの

初期型、中期型、後期型ともにカッコいいデザインは魅力の一つです。

✓初期型

初期型はフォグライトが丸いのが特徴です。

ミスティグリーン・パールプレミアムディープロッソ・パールは初期型にしか存在しない貴重なカラーとなっています。

✓中期型

中期は大きな変更はありませんが、ホンダセンシングの追加がなされています。

フォグライトが横になった点が見た目で分かる変化点になります。

中期型からスポーティグレードのRSが追加になっています。

✓後期型

【Zグレード】

【RSグレード】

ビックマイナーチェンジとして、フェイスが一新されました。

ホンダの流行に合わせて、復活したCIVIC(FC1,FK7)やCR-Vと似たヘッドライトとデザインになっています。

テールランプもスモークが掛かったようなブラックが入り、イカつさがましたヴェゼルになっています。

✓インテリア

↑私が実際に購入したハイブリッドZグレードの写真

ブラックを基調としたインテリアはとても高級感があります。

初期型からあるジャズブラウンもおしゃれです。

2018年のビックマイナーチェンジでは、シート形状も変更されています。

まとめ

古さを感じさせない、おしゃれな外装、高級感あるインテリアがおすすめポイント

年式ごとの特徴とおすすめ

初期型は足が固いスポーティーな車

初期型はとにかく足が固いのが特徴で、スポーツカーなのかなと思うレベルでした。

ハンドルも重く固い足は、スポーティーな走りが好きな方にはむしろメリットでしょう。

私自身、1人で乗ることが多く、運転する身としてはとても気に入ってました。

車酔いしにくい点もポイントです。

2013年の初期型から、シートヒーターが付いている、運転席と助手席で独立のエアコンなど装備も豪華です。

中古車価格も150~200万円で、走行距離5万キロ以下の状態が良いものが多いです。

但し、ホンダセンシングが未装備のため高速道路での車線認識や前の車へ追従することができません。

※クルーズコントロールも115km/hまでで前車がいても減速しない為、ほとんど使いもにならないので覚悟しておきましょう。

初期型をおすすめする人

・スポーティーで足が固い車が好き

・高速道路はあまり使わない

・安く購入したい

中期型はバランスが取れた狙い目

中期型は中古車価格も安く、初期型の不具合や不満点を改善したモデルです。

その為、一番コストパフォーマンスが高くねらい目になっています。

ハンドルの重さや足の固さが改善されています。

且つ個人的に一番大きな変化は、ホンダセンシングが装備された点です。

このホンダセンシングが高速道路の走行がとても楽になります。

またRSグレードが追加されたのも2016年の中期モデルになります。

中期型をおすすめする人

・乗り心地が良い車が好き

・高速道路をよく使う

・RSグレードが欲しい

後期型は成熟された乗り味とデザイン変更

大きな変化点は内外装共に大幅な変更が施された点です。

デザイン的に後期型が好きだという方もいると思います。

また乗り味は初期や中期に比べ静寂性が向上しています。

手法としてi-DCDのチューニングを変えている点がポイントです。

よりスムーズな加速フィールを実現し、ブレーキペダルも見直すことで、スムーズなブレーキフィールになっています。

しかし、年式も新しく装備も充実しているため中古車価格も200万円前半~300万円と高額になっています。

後期型をおすすめする人

・デザインが好き

・より成熟されたモデルが欲しい

ヴェゼルの良いところ

①荷室は広いが、コンパクトで運転しやすい

ヴェゼルはセンタータンクレイアウトのおかげで荷室がとても広いです。

しかも後席を倒せばフラットになります。

170㎝の男性が横になって寝る事も可能な広さです。

その為、ウィンタースポーツの際は、スキーやボードなども楽々積んでいく事が出来ます。

荷室の広さに対して、運転してみるとそこまで大きさを感じません。

初心者でも比較的運転しやすい車である為、初めての車にピッタリというわけです。

②装備が充実している

高級車枠ではなく、価格も200万円台であるにも関わらずヴェゼルの装備は充実しています。

中期型以降はホンダセンシングが付いています。

シートヒーター、ブレーキホールド、オートハイビームなど、近年の車についている装備は大体ついていると言っても良いでしょう。

③スポーティーな走りが楽しめる

エコ、ノーマル、スポーツの3モードが設定されています。

その中でもスポーツモードはとても速いです。

DCT変速をパドルシフトを使って操る操作性、ロールしにくい足の固さ、ハイブリッドアシストによる初期トルクなど、あらゆる面でスポーティな走りをしてくれます。

実用性を兼ね備えながらも、車の楽しさを教えてくれる車です。

2代目のヴェゼルはラグジュアリーな印象になり、2モーターで乗り心地の良い車になっている。

初代ならではのスポーティに全振りしたかのようなモデルは貴重と言えるでしょう。

④ぶっちゃけ新型よりもカッコいいかも?

デザインは人それぞれ好みがあるとおもいますが、ヴェゼルは旧型の方が好きという声が意外に多いです。

個人的にもリアのデザインが丸みを帯びている旧型の方が好きだったりします。

古さを感じないデザインに質感の高いインテリアは、旧型になった今でもカッコいいと感じさせてくれます。

まとめ

今回は初期型ヴェゼルを紹介しました。

旧型にはなったものの、2代目とは全く異なる車と言っても過言ではありません。

古さも感じず、中古市場の球数も多いため質の高い車が安く買えます。

初めての車購入に関わらず、非常におすすめできる車です。

ヴェゼルを買って後悔したという話は滅多に聞きませんので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

この他にもホンダには、新型ヴェゼルや昨年発売が開始したZR-Vといった魅力あふれる車があります。

気になる方は是非下記の記事もご覧ください。

2023年4月21日発売開始!ホンダ新型SUV「ZR-V」が登場!VEZELと比較しながら徹底解説 こんな疑問を解消します。 みなさんはホンダのSUVと言ったら何を思い浮かべるでしょうか? 2014年の登場から何度も...

中古車を探すなら”Gulliver中古車探し”

旧型ヴェゼルは生産が終了しているため、中古車しかありません。

球数が多いため、あなたが欲しい年式、色、グレードがきっと見つかります。

お住いの県でなくても車は買えるので、検討地域を広げて探してみてください。

今はネットで簡単に且つ、無料で中古車を探すことができます。

「購入を考えてみようかな?」という方もまずは探すだけでも始めてみましょう。

\中古車を無料で探す/

「いろいろな会社から電話やメールなど来るのは嫌だ!」という方、まずはGulliverで気軽に探しながら、購入検討をしてみてください。

押し売りはされませんのでご安心ください。

少しでもヴェゼルの購入を検討している方は、日々の中古車市場をチェックしましょう。


車を売るなら「買取査定」がおすすめ

車を売るなら”ズバット”がおすすめ

車を乗り換える際は、今乗っている車をできるだけ高く売却し、お得に乗り換えたいですよね?

しかし、ディーラー営業マンに任せて下取りに出している方は、損をしています。

現在乗っている車を売却するならズバット車買取比較がおすすめです。

なぜなら、複数社に見積もりを依頼し、圧倒的に下取り価格よりも高い価格で買い取ってくれるからです。

仮に売却しなくても下取り交渉する上で相場を知ることが需要です。

査定したからといって、必ず売却する必要はありません。

\どんな車でも査定は無料/

“ズバット”はこちら

運営会社情報も記載していますが、安心できるサービスなのでおすすめです。

ズバットの運営会社情報
会社名 株式会社ウェブクルー
所在地・電話番号 〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号 サンタワーズセンタービル4F
TEL. 03-6859-3660(代表)
資本金 100,000,000円
従業員数 単体:118名 (2021年3月末現在)


にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

社会人を楽しむ社畜生活 - にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です