Car

2022年9月先行予約開始!ホンダ新型SUV「ZR-V」が登場!VEZELと比較しながら徹底解説

悩んでいる人
悩んでいる人
最近ホンダから新しいSUVが出るって聞いたけど、どんな車がなの?

こんな疑問を解消します。

みなさんはホンダのSUVと言ったら何を思い浮かべるでしょうか?

私としては2014年の登場から何度も新車販売台数No1をとっている「VEZEL」がすぐに思い浮かびます。

しかし、VEZEL以外のSUVと聞くとあまり思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。

2022年はホンダから新しく「ZR-V」というSUVが発売されます。

引用元:Honda|Honda Design|Special Contents

これまでのホンダ車とは違う雰囲気のSUVですね。

コンパクトSUVのVEZELよりも一回り大きい車と言われています。

この他にも日本ではあまり馴染みのないものの、海外では大人気の「CR-V」もあります。

この記事では、現在日本で販売しているSUVと2022年に発売される「ZR-V」をまとめて紹介します。

現行車の「VEZEL」は、私が実際に乗って感じた良かった点や悪かった点も紹介します。

是非購入の参考にしてみてください。

✔️本記事の著者(@yoko3_G08)

私はホンダ車をこよなく愛するホンダファンです。

私自身2016~2019年までホンダのVEZELに乗っていました。

これまでに数多くの車を試乗比較してきた経験を元に、ホンダから出ているSUVの使い勝手や走行性能も合わせて解説していきます。

※過去の試乗車記録はInstagramをチェック

筆者のプロフィールはこちらをクリック

日本に展開しているSUVが少ない

ホンダの公式ホームページにあるカーラインナップをみてみると現在販売しているSUVは2車しかありません。

コンパクトSUV:VEZEL

大型SUV:CR-V

この2車種の中間に当たるのが、これから登場する中型SUVの「ZR-V」です。

CR-VとVEZELのちょうど中間サイズに位置しながら、従来のSUVとは一線を画する、新しい価値を持ったクルマとして誕生したと開発責任者の小野さんは述べています。

現行「VEZEL」はコンパクトSUV

価格:2,898,500円(税込み)

日本でも大人気のコンパクトSUV「VEZEL」です。

2014年の発売からSUV新車販売台数1位を年度も受賞しています。

2台目として2021年にフルモデルチェンジして現行の形になりました。

おしゃれなデザインに扱いやすいサイズSUVで、街中でもよく見かける人気車種です。

※これより先のデータはZグレードを代表して記載

VEZELの車格はちょうどいいサイズ

車高:1590㎜

車幅:1790㎜

全長:4330㎜

ホイールベース:2610㎜

車重:FF 1,380kg / 4WD 1,450kg

引用元:vezel_spec_list.pdf (honda.co.jp)

インテリア:シンプルでかっこいい

引用元:デザイン・カラー|インテリア|ヴェゼル|Honda公式サイト

近年ホンダから出ている新型車のインテリアと同じ傾向になっています。

水平基調で美しく、シンプルな作りで使い勝手も抜群です。

高級感も感じさせるインテリアが上質な室内を演出してくれます。

燃費:WLTCモード 24.8km/L

市街地モード✳︎ 郊外モード✳︎ 高速道路モード✳︎
FF 24.5km/h 26.7km/h 23.8km/h
4WD 21.8km/h 23.7km/h 21.1km/h

エンジン/モーター出力

eHEV:131馬力

排気量1.496L、2モーターハイブリッド

■エンジン

最高出力:106PS / 6,000-6,400rpm

最大トルク:127N・m / 4,500-5,000rpm

■電動機(モーター)

最高出力:131PS / 4,000-8,000rpm

最大トルク:253N・m / 0-3,500rpm

ガソリン車:118馬力

排気量1.496L、NAエンジン

最高出力:118PS / 6,600rpm

最大トルク:142N・m / 4,300rpm

実際に試乗した感想

新型VEZELを試乗したときに感じたものは「上質感」です。

旧型の7速DCTモーターはギア変速時の加速遅れやギクシャク感があったものの、2モーターになった新型は上質でなめらかです。

「スッーーーー」と走っていく感じです。

走行性、内装ともに旧型から1ランク上に感じます。

旧型の前期型は足がガッチガチに硬く、スポーツカーのような感じでした。

しかし、新型は段差や路面が荒れたところでも静かです。柔らかすぎるというわけでもなくちょうどいいところで設定されています。

モータージャーナリストの五味さんも乗り味を高く評価していました。

ただ個人的にはもう少しパワーがあったら最高だなと感じました。

乗り味が良く、気持ちよく走れるため、アクセルを踏んだ時のダイレクト感があればいいなと思いました。

アコードは2Lになっており、車重がVEZELよりも重いにも関わらずスムーズな加速感を感じます。

VEZELも2.0L仕様だったらと思っていました。

「ZR-V」はサイズアップして更にパワフルに進化

引用元:Honda|Honda Design|Special Contents

価格:不明(想定価格)

VEZEL-eHev(2,898,500)~CIVIC eHev(3,940,000)の価格が予想されます。

プラットフォーム、エンジン、モーターは基本的にCIVICをベースに作られているそうです。

その為、eHevの最上級グレードはCIVIC eHev同等レベルになるのではないかと予想しています。

VEZELよりも上級モデルになる為、300万円台スタートでeHevは400万円近い価格の車になるでしょう。

関連サイト>ZR-V e:HEV 先行情報サイト|ZR-V|Honda公式サイト

VEZELよりも大きくなって登場

車高:1621㎜

車幅:1840㎜

全長:4568㎜

ホイールベース:2655㎜

車重:1380kg ~ 1,650kg(VEZEL以上、CR-V未満)

※先行で情報が出ている北米や中国の情報によるもの

引用元:Honda|Honda Design|Special Contents

インテリア:個性的なコンソール

引用元:Honda|Honda Design|Special Contents

個性的なコンソールの形をしています。

シフト操作はボタン式ではなく、シフトノブになっています。

詳細情報は出ておりませんが、おそらくシビックやVEZELと同じ水平基調のインテリアでエアコン操作やハンドルも流用してくると予測されます。

引用元:All-new 2023 Honda HR-V Teases Interior Versatility Geared for Adventure

エンジン/モーター出力

排気量:1.993L、2モーターハイブリッド

排気量:1.496L、ターボエンジン

CIVICと同じ2Lクラスのエンジンに2モーターのハイブリッドと1.5Lターボエンジンになります。

車格UPに加えてCIVICやCR-Vクラスのパワーがあるということで、VEZELとの差別化もしっかりできています。

CR-Vは車重が重いものの力強く、且つ静かで上質な走りをしているので、さらに改良が加わったZR-Vには期待が高まります。

CIVIC eHEV:184馬力

【CIVIC HYBRID】

最高出力:135kW[ 184PS ]
最大トルク:315N・m[31.2kgf・m]

引用元:HONDA公式サイト

比較一覧

VEZEL ZR-V
車高 1590㎜ 1621㎜ +31㎜
全幅 1790㎜ 1840㎜ +50㎜
全長 4330㎜ 4568㎜ +238㎜
ホイールベース 2610㎜ 2655㎜ +45㎜
燃費(WLCT) 24.8km/h
エンジン出力 131PS / 4,000-8,000rpm 184PS(仮)
モーター出力 253N・m / 0-3,500rpm 315N・m(仮)
車重 1,380kg

車を乗り換えるなら「買取査定」がおすすめ

車を乗り替えは、買い取りがおすすめ

ディーラー営業マンの言いなりで下取りに出している方は、損をしている可能性があります。

現在乗っている車を手離して車を購入する方は「買取査定サービス」がおすすめです。

査定したからといって必ず売却する必要はありません。

無料で利用できることが、最大のメリットです。

下取りよりも買取の方が高額で引き取ってくれるので是非ご検討ください。

≫愛車を高額で売るならGulliverの買取査定がおすすめ

愛車をディーラー下取りに出すのはNG!車は高く売ってお得に乗り換えよう車の乗り換えを検討している多く方は、今乗っている車をディーラーで下取りに出しているのではないでしょうか?実は損をしている可能性があります!「簡単買取一括査定」「中古車買取No.1」などよく聞きますが、下取りと買取は何が違うのでしょう?...

「ZR-V」ナマズンに似てない?

引用元:Honda|Honda Design|Special Contents

これは私の主観ですが、ZR-Vを見たときからポ〇モンのナマズンに似てると思いました。

皆さんはいかがですか?(笑)

カッコいいような、かわいいような斬新なデザインが興味をそそりますね。

さいごに

SUV購入を考えている皆さんは、ZR-Vの販売を待って実際に試乗してから購入を検討してみてください。

ハリアー、CX-5、RAV4、フォレスター、アウトランダーなど各社SUVがたくさん出ていますが、もしかしたらホンダ ZR-Vがあなたに一番合っているかもしれません。

乗り心地、高級感、サイズ感全てを満たしてくれる最高のSUVになることを祈っています。

2022年7月1日発売!新型シビックハッチバック(FL1) e:HEVとCVTを比較 新型シビックハッチバック e:HEVについて知りたい! CIVIC e:HEVについて情報を集めている方におすすめの記...
シビックハッチバック FL1・FK7新旧比較!FL1は高級感あるスポーツカー? ・2022年の新型シビックは何が変わった? ・FK7(旧型)➡︎ FL1(新型)に乗り換えを考えている こんな方...

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です