Car

2022年7月1日発売!新型シビックハッチバック(FL1) e:HEVとCVTを比較

新型シビックハッチバック e:HEVについて知りたい!

CIVIC e:HEVについて情報を集めている方におすすめの記事です。

シビックe:HEVの情報が徐々に出てきました。

2017年に日本で復活してから、2021年に販売した現行モデルで11代目のシビック

シビック初のe:HEVが日本で2022年7月に販売開始になります。

シビックのハイブリッドとしては、8台目以降12年ぶりです。

開発のコンセプトは「爽快スポーツe:HEV」

今回はすでに販売しているCVTモデルとe:HEVモデルを比較しながら紹介します。

✔️本記事の著者(@yoko3_G08)

筆者のプロフィールはこちらをクリック

私は1世代前のシビックハッチバック(FK7)に乗っています。

私はガソリン車のMTに乗っていますが、FL1シビックに乗るなら是非ハイブリッドに乗りたいとお思ってます。

燃費だけではなく、走行性能もハイブリッドならではの魅力があります。

1世代前のシビックハッチバック(FK7)について詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

シビックハッチバック(FK7)はスポーツカー?維持費も安くて速いおすすめのホンダ車スポーツカーってお金が掛かりそうというイメージはありませんか?シビックハッチバックを購入してから2年の経験をもとに、実際に掛かる費用を紹介します。シビックハッチバック FK7がどんな車か、分かりやすく説明しています。...
✔️本記事の内容

この記事では、2022年7月に販売を予定しているシビックハッチバック e:HEVの最新情報をお届けします。

✔️本記事の結論

シビックハッチバック e:HEVは、CVT/MTから高級感もアップし、ハイブリッドならではの静寂性やトルクの良さがあります。

外装は落ち着きつつもスポーティで上質、内装も高級感があるシビックハッチバック e:HEVはとてもおすすめです。

”CIVIC”とはどんな車?

シビックe:HEVの価格は394万円?アコードは465万

同じ2.0L直噴2モーターハイブリッドの現行アコードは価格465万円です。

シビックe:HEVは394万円が予想されていますが、おおよそ70万円の価格差になります。

トヨタプリウスの上級グレードである特別仕様車 A“ツーリングセレクション・Black Edition” 2WDは、321万円となっており燃費もシビックに勝っています。

ホンダ内ではアコードと区別化できているものの、他車含めると価格は割と高めの設定に感じます。

CVTモデルでも上級グレードのEXは353万円と高額です。価格差約40万円です。

生産終了したインサイトは1.5Lハイブリッドで最上級グレードは373万円になるので、やはりシビックe:HEVは割高と言えるでしょう。

ハイブリッドシステムはcivic専用開発

CIVIC専用に新開発した、Hondaの次世代2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載しています。

2.0L直噴エンジン(最高出力104kW、最大トルク182Nm)

走行用モーター(135kW、315Nm)

※先行している欧州シビックハイブリッドを参考

ハイブリッドならではのトルクの良さが感じられます。

エンジンルーム:CVTモデル

エンジンルーム:eHEV

最高出力:135kW[ 184PS ]
最大トルク:315N・m[31.2kgf・m]

燃費は24.2km/hでそこそこ良い

WLTPモードの計測で約24.2km/Lです。

ガソリン車の燃費が約16.3km/Lなので、約8km/Lの向上になります。

アコードハイブリッドが22.8km/Lなので同等レベルです。

同じ2Lで2モーターハイブリッドであるアコードよりも車重が軽いのに対し、そこまで燃費が良くない気もします。

しかし、ハイブリッドならではの走行性能や静寂性など燃費だけでは測れない良さがあります。

よっこ
よっこ
きっとスポーツ側に性能を振った結果の燃費だと思います。

※WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード

内・外装の変化は小さいが質感が向上

基本はガソリン車と同様だけど高級感がアップ

e:HEV専用ハニカムパターン・フロントアッパーグリル

✓CVTモデル

✓e:HEVモデル

エンブレムもハイブリッド車専用の青いデザインになっています。

e:HEV専用電動格納式リモコンドアミラー(ブラック塗装) 

✓CVTモデル

✓e:HEVモデル

サイドミラーはブラック塗装されており、高級感がアップしています。

e:HEV専用ドアモールディング(グロスブラック)

✓CVTモデル

✓e:HEVモデル

ガソリン車からブラック塗装やグロスブラック化して高級感がアップしています。

よっこ
よっこ
この変化点は部品を取り寄せて、CVTモデルに装着させてもオシャレですね(笑)

e:HEVの残念ポイント

✓CVTモデル

✓e:HEVモデル

e:HEVモデルはマフラー吹き出し位置のメッキが無くなっています。

更にダミーダクトで穴が塞がれてしまいました。

ここはCVTをそのまま使って欲しかった残念なポイントになります。

シフトはボタン式のアコード化

最近はVEZELなどe:HEVであってもシフトレバーでしたが、今回のシビックe:HEVはボタン式に変化しています。

これはアコードやインサイトと同様の仕様になっています。

ガソリン車

e:HEV車

水平基調のシンプルなデザインにマッチしたシフトボタンが採用されています。

手前に小物入れ兼用のワイヤレス充電がありますが、シフトレバーが無いため使い勝手も向上しています。

新しく採用された魅力アイテム

ドライブモードにINDIVIDUALが追加

ドライブモードスイッチにNORMALモード、SPORTモード、ECONモードに加えINDIVIDUALモードが追加されました。

AUDI、BMW、ベンツなど欧州車では以前からあるモードですが、ついにホンダでも採用されました。

INDIVIDUALモードとは、パワーやステアリングフィールなどを個別に設定できるモードです

タイヤが「goodyear」→「Michelin」に変わり新作

シビックハッチバック(FK7)や(FL1)は、これまでウルトラハイパフォーマンスタイヤの「EAGLE F1 ASYMMETRIC 2」を履いていました。

しかし、サイズは235/40R18のままホイールデザインも変わりませんが、e:HEVでまさかのタイヤを変更し、且つシビック専用に新作しています。

その名も「Michelin PILOT SPORTS 4」です。

専用開発ということで、シビックへの気合いを感じますね。

走行性能は「爽快シビック」を感じるスポーツ感

残念ながらまだ一般ディーラーでの試乗はできないので、YouTubeのモータージャーナリストの方が先行して紹介している試乗レポートを参考にして行きます。

筆者が推している五味やすたかさんの先行試乗動画↓

まず、何より印象にあるのがタイヤを大絶賛されていました。

シビックe:HEV専用で開発されたタイヤがばっちりマッチしているみたいですね。

ハイブリッド化によって車重が約100kg上がっていてもハイブリッドのパワーと新作のタイヤで爽快感ある走行が楽しめそうです。

更にいろんな試乗レビューを見てみると、アクセルの踏み込みに対する加速のダイレクト感が良いと言われています。

スポーツモードで爽快なスポーツ走行を楽しんでみたいですね。

私は五味さんも動画内で言っていた「欧州車的なセッティング」が印象に残っています。

BMWやアウディなどの乗り心地が好きな方に刺さる乗り味なのではないでしょうか。

よっこ
よっこ
私はBMWの乗り味大好きなので嬉しいです(笑)

ANC(アクティブ・ノイズ・コントロール)が車内に響く騒音を抑制し、ASC(アクティブ・サウンド・コントロール)によって内燃機関が奏でるスポーティな音を楽しめます。

やはりシビックはハイブリッドになってもスポーティということですね。

2022年6月に予約したら納車は2023年2月

既に予約が数多く寄せられており、今契約しても納車は2023年2月になるそうです。

購入を考えている方は、今のうちに今乗っている車の価値を見定めて購入に備えましょう。

まずは自身の車がいくらになるのかをしっかりと抑えて、計画的な購入をしましょう。

車を乗り替えは、買い取りがおすすめ

ディーラー営業マンの言いなりで下取りに出している方は、損をしている可能性があります。

現在乗っている車を手離して車を購入する方は「買取査定サービス」がおすすめです。

一括査定とは、ネットで申し込み複数社に一括で査定して貰えるサービスです。

査定したからといって必ず売却する必要はありません。

無料で使用できるのがメリットです。

下取りよりも買取の方が高額で引き取ってくれるので是非ご検討ください。

≫愛車を高額で売るならGulliverの買取査定がおすすめ

愛車をディーラー下取りに出すのはNG!車は高く売ってお得に乗り換えよう車の乗り換えを検討している多く方は、今乗っている車をディーラーで下取りに出しているのではないでしょうか?実は損をしている可能性があります!「簡単買取一括査定」「中古車買取No.1」などよく聞きますが、下取りと買取は何が違うのでしょう?...

おわりに

いかがだったでしょうか。

ガソリンモデルに続き2022年7月にe:HEVが販売されますが変更点は多くないものの、ガソリン車とは違う魅力が詰まったシビックになっていそうです。

今後TYPE-Rも販売予定になっているシビックに目が離せません。

ガソリンモデルのシビック(FL1)、1世代前のシビック(FK7)について知りたい方はこちら↓

シビックハッチバック FL1・FK7新旧比較!FL1は高級感あるスポーツカー? ・2022年の新型シビックは何が変わった? ・FK7(旧型)➡︎ FL1(新型)に乗り換えを考えている こんな方...

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

ブロウ内のシビックに関する画像の引用元:HONDA公式サイト

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です