ビジネス

【高卒社会人が語る】今の世の中、学歴は本当に必要なの?いらないの?

 

こんにちは!よっこ(@yoko3_G08)です。

26歳の普通の高卒社会人である私が、学歴は本当に必要なのかを考えてみました。

 

よっこ
よっこ
学歴の必要有無はいろんな意見を耳にしますが、本当に必要なのでしょうか?

 

高卒の立場からの『いらない』と持論を述べているパターン、有名大学出身者の立場からの『いらない』と持論を述べるパターンなどたくさんの意見があります。

正解はないのかもしれません。

今回は私の持論も1つの考え方として聞いてみてください。

Twitterでもアンケートしてみました

圧倒的に必要と感じる方が多かったです。

筆者の学歴と現在の立場

学歴

私の最終学歴は工業高校卒になります。

高卒の中では専門性が高く、比較的すぐに就職できる高校になります。

私は、プログラミングを学ぶ学科でした。

資格保有は多少していますが、自慢できるレベルの国家資格などはありません。

会社での立場

私は自動車開発をする会社です。

PCと向き合い、常に頭を使い課題を解決していく仕事です。

Gr内は数十名いますが、立場は3番目でリーダーをしています。

年齢で言うと下から数えた方が早く、学歴は一番下

基本的に大卒か自動車専門学校卒が多く、高卒は私含め2名のみです。

私がリーダーを務めているメンバーの中には、有名大学卒もいます。

高卒で大学4年分を先に仕事出来たことは大きい仲地ですが、努力して人と違う挑戦してきた結果になります。

学歴と立場だけで見ると高卒サラリーマンの中では成功している方だと思いますが、大卒に比べてハードルは高いと感じました。

私の収支をまとめた記事がありますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。

【給与公開】高卒社会人26歳の2021年8月度収支まとめ!26歳 高卒会社員の1か月の収支を毎月公開しています。 車を趣味にしていますが、同時に資産形成もしっかりと行っています。 私...

筆者の結論

学歴は、基本的に合った方が絶対に良い!但し、不要な人もいる。

私は、学歴はあった方が良いと考えています。

但し、その人の状況と価値観によって学歴が不要な場合もあると思います。

では、なぜこの結論に至ったのか説明していきます。

学歴の必要有無を判断する指標

①収入の大きさ

学歴が違えば、収入も変わります。

まず、前提を会社員と置いた時に初任給が大きく違います。

高卒の初任給

初任給:168900円

平均年収:291万円

25~29歳の平均年収:223万

大学、大学院卒の初任給

初任給:212800円

平均年収:400万円

25~29歳の平均年収:260万

1 学歴別にみた初任給|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

最初のスタートラインが違うことが明らかです。

更に昇給率も基本的に大卒の方が良く、年齢を重ねるごとに年収に開きがあることが分かります。

残業代やボーナスの単価も大卒の方が良いため、記載してある数値以上に開きが出るでしょう。

大学のランクに問わず、最終学歴が大卒以上であることが給与面ではポイントになってきます。

①収入の結論

生涯的に高学歴の方が、収入が高いため良い

②選択肢は大卒の方が多い

学歴の違いによる就職先の選択肢について考えてみます。

高卒の就職先

高卒の就職先は限定されます。

最終学歴が大卒以上の応募資格が条件にある企業は応募すらもできません。

専門的知識を学ぶ工業高校は、資格保有や学校の繋がりによる就職が出来ます。

普通科の高校の場合は、専門性が低い企業への就職となるでしょう。

学校を卒業しなければ保有できない資格を必要とする職業には付けません。

医師、薬剤師、調理師、看護師など…

よっこ
よっこ
専門的知識を活かして頭を使うより、体を使って稼ぐイメージは確かにありますね。

・学歴による応募先の選択が少ない
・資格や学科による専門性が無いと更に選択肢が減る
・社会人としての実績が無いため、資格取得しても採用されるかは分からない

大卒の就職先

大学卒業が前提となる企業への応募が出来ます。企業へアプローチするスタートラインに立つことが出来ます。高卒との大きな違いです。

しかし、どこの大学で何をしてきたかが重要になります。

採用試験はあくまで最低限の基準を満たすかの判断をするものであり、仕事が出来るかは別になります。

その為、人事採用の方々は有能な人材を見定める為に、学歴やこれまでの行動実績をもとに判断します。

大学は卒業すれば、選択肢が増える×
選択肢を増やす為に、大学で学ぶ〇

よっこ
よっこ
ただ大学を卒業すればよい訳では無いんですね…。

但し、難関大学の東京大学など大学名にブランドがある場合は、ある程度の企業へ就職が可能だと思います。学校ブランドを活かされます。学校に入り卒業するまでの努力と成果が実績として武器になります。

学校の選択に加えて、4年間の過ごし方次第で高卒に比べて選択を大幅に増やすことは可能でしょう。

・応募概要の前提が大卒以上の企業に募集できる
・4年間の過ごし方次第で選択肢は広がる
・学校のブランドで採用される可能性が高くなる

②選択肢の結論

高学歴の方が圧倒的に選択肢は増えて良い

③転職の難易度も大卒の方が低い

転職する際の違いについて考えてみます。

高卒の転職

一番ネックになってくるのは、やはり学歴不問の中途採用がほとんどない事です。

あったとしても、福利厚生、給与などお世辞にも良いところは少ないでしょう。

高校の繋がりで採用してくれていた学校就職とは異なり、前職の実績や資格保有が最も重要になってきます。

転職のハードルがすごく高い事が分かります。

しかし、高卒の転職が難しいだけで不可能ではありません。

数少ない学歴不問の企業の中から、今いる会社よりも少しでもスキルupが見込める会社を探しましょう。

前職のスキルを活かし、転職してスキルをさらに磨くことで着実に年収を伸ばすことが出来ます。

焦って転職するのはNGです。

まずは転職サイトに登録し、応募企業を探しながら自分のスキルや強みを把握することから始めましょう。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?


登録や話を聞くだけでもOK!まずは自分のレベルを把握する行動を取ることが重要です。

変わりたいけど変われない、続かない社会人生活から変わる方法「変わりたいけど、変われない」「変わりたいと願っても、次の日にはいつも通り」こんな経験はありませんか。恋愛、仕事、勉強など変わろうと思っても行動を継続できない。しかし、この記事を読み実践すれば必ず変われます。社会人からでも遅くありません。...

大卒の転職

大卒が前提の中途採用は数多く存在します。

大学が有名であれば更に人事採用へのアピールになります。

そこに加えて、前職での実績や資格の有無で転職は可能になるでしょう。

高学歴、社会人実績あり、資格も持っている。

中途採用で、即戦力を狙っている企業としては是非とも採用したくなるでしょう。

③転職の結論

高学歴の方が、転職におけるハードルが低い為、良い

やはり学歴は必要なのか?

高卒のメリット

①早く社会人経験が出来る

高卒者は19歳から仕事を始める為、学校とは違う社会人としての経験を早くすることが出来ます。

会社の専門的な技術や仕事の仕方、社会人としてのマナーを早く学ぶことが出来ます。

②お金が掛からない

高卒で働くことで、お金を払って学ぶ立場から労働力を対価にお金を貰う立場になります。

当然、学校に行かない分の学費が掛かりません。

更に学生で一人暮らししている方は、学費の他にもお金が掛かります。

初期投資が少なくお金が掛からないのは高卒のメリットです。

③若いうちにお金を使って遊べる

大学生は、時間はありますがお金が無く困っている事が多いです。

それに比べて、休みが少なく時間はないもののお金には多少余裕があります

19、20歳の若くてリスクの少ない時期は、お金の心配をせずにお金を使った遊びが出来るのもメリットになります。

よっこ
よっこ
私も欲しいものを買って、飲みに歩いて、給料が来る日を楽しみに20代前半は過ごしました。

学歴が無くとも稼げる世の中

フリーランス

今はネット社会であり、すぐに人と人が繋がったり自分を発信することが出来ます

最近有名なYoutuber、インスタグラマー、動画編集など

学歴を必要としない働き方も増えてきました。

こういう世の中の変化もあり、学歴不要論が出てきているのだと思います。

しかし、このような働き方にはリスクがあることを忘れてはいけません

企業に勤めて毎月決まった給与を貰う会社員に比べ収入が安定せず、更には成功する確率が大幅に小さいです。

リスクが高い分、成功したときの報酬は大きいのがメリットです。

起業

学歴がいらない働き方の中には、起業するという選択肢もあります。

自分が社長なわけですから、学歴の有無も自分で決められます。

経営方針、給与、休みすべてが自分の思うがままです。

最近では簡単に起業できますがリスクが大きく、成功したときは大きなお金が手に入るのは言うまでもありません。

③転職の結論

学歴が不要な働き方は、ハイリスクハイリターンである

フリーランスも企業もチャレンジし、失敗したら雇ってもらうことでリスクを最小限に出来ます。雇われるためにも学歴を持ち合わせていることが重要です。

年功序列の崩壊

最近では、年功序列が廃止される方向で変わり始めています。

トヨタも2021年から一律的な昇給をなくし、個人の評価で判断する制度になりました。

成果主義社会がこれからもより、浸透していくでしょう。

起業に入れなければ元も子もありませんが、可能性は大幅に広がります。

よっこ
よっこ
私の会社も成果主義の制度改定が続いており、より加速していくそうです。

まとめ

以上の判断材料をもとに

学歴は、基本的に合った方が絶対に良い!但し、不要な人もいる。

と私は結論付けました。

学歴はあって困る物ではありません。

しかし、学歴は簡単に手に入らないの事実であり、20代の貴重な時間とお金が必要です。

そして、学歴を得るために必死に勉強しなければなりません。

早く稼ぎたい!フリーランスや企業をすぐにしたい!と自身の信じる道があるのであれば絶対に必要とは限りません。

自分の置かれた状況、進みたい道に合った選択が必要なのだと思います。

皆さんは、改めて学歴は必要だと思いますか?

その他の記事

社会人の方に向けてビジネススキル向上に向けた記事も発信しています。

下記リンクからご覧ください。

私って『仕事ができない?』仕事ができない人とできる人の特徴5選私は仕事ができないのかもしれない。そんな不安を抱えているかは多いと思います。仕事ができない人の特徴はなんなのか考えてみましょう。反対に仕事ができる人は何を意識しているのかも紹介します。あの人、仕事ができるよね!と言われるようになるために、努力して改善していきましょう。...
考えるとは何か?GAFAの部長に転職した著者から学ぶ仕事に対する考え方 みなさんこんにちは!よっこ(@yoko3_G08)です。 仕事は考えることが多くて大変ですね。 本日は、考えるとは何...

ブログ村のランキングにも参加しています。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です